読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tosiuのブログ

うんち

教養コンプレックス

職業訓練に行き始めました。最初はコミュニケーションのためのレクリエーションがあって、隣の席の人にインタビューしてお互いに人なりを紹介するとかそんなのを何個かやった。

ニートの自分はやっぱり話すスキルは低いので、他の人のようにうまくはできなかった。

社会人経験者はやっぱり慣れてる。大学院まで出てる方とかもいて学力の差もビシビシ感じた。

プログラムの訓練なんですが経験者もいたりして、0から訓練だけで学べるほど甘くはなさそうです。これは事前にわかっていたことですけど、思ってたより経験者も多くてついていくのでも大変かもしれない。

年齢も学歴もバラバラで大学を卒業してたり院卒の人までいる空間に中卒の自分がいると劣等感が出てきたりもする。学歴に対するものというより自分があまりに無知で教養が無さすぎることを思い知らされる。

自分の教養のなさは学校に通ってないことが原因かと思っていたけど、正確にはずっと引きこもりのような生活を送っていたせいで、情報を隔離されていたことが原因なんだと最近はわかってきた。

インターネットはあってもアクセスするサイトは何のためにもならないようなものばかり。知ることを拒否してたようなものですね。簡単に言えば現実逃避。

 

コミュニケーション能力も低く特技もなく学力もなく体力もない人間が社会に出れるんだろうか。怖くて仕方ない。

最近は教養ある人へのコンプレックスが強くて、未だに大学に行きたい気持ちが強いですね。正直、働きたくないっていうのもありますけど…。

こういうコンプレックスが一度頭に入るとずっと離れなくて、一生付き合うことになるような気がする。

今はお金も学力もないので行けないですけど働いて貯めてから生きたいっていう気持ちがまた芽生えてきた。

きっと大学に入ったことある方は、大学行ったって意味ないよっていうかもしれないですけど。

書いてても嫌になるくらいずっと行く行かないの思考がループしていて、解消する手段があるならそうしたいです。

 

書いてて考えががまとまらない、ので今日はここまで。

またこのことについては書き直します。