tosiuのブログ

うんち

心の支え

ここ最近は忙しい。

月から金は訓練があるし、土日はなんやかんやで母親と出かける事が多い。

今うちは離婚調停中で、夫婦で同居しているが完全に顔を合わせないようにしている。

自分も母親とは普通に話すのだけど、ここ最近は父親と話す機会がほとんどない。

少し前は父親とも話をしていたのだけど、母親とばかり話すようになってからは、何と無く離しにくい雰囲気なのです。

調停が終わり完全に離婚となると母親は家から出ていなかいとならないらしく、妹と自分と母の3人で暮らすかという方向に話が進んでいる。

そもそもの話、自分は成人しているので、自立すべきなのです。だからそれまでは面倒は見るよっていう感じで、就職を迫られているんですね。

今の家に残るという選択肢も取れる。けど父親も自立という面では同じらしく早く家から出ていくことを望んでいる。しかも最近は話もしていない。

 

自ずと自分は母親に付くしか選択肢はないのです。しかも就職は確定事項。

ああ結局はそこなんですよね。働かないと、就職就職就職。

あー嫌だ逃げ出したい。そもそも就ける職がない。そして続く気がしない。

そこで考えついた唯一の”逃げ”の選択肢が自分の心の中にだけあって、これは心の支えになっている。具体的なことはここには書かない。

だからそれが実現してほしい。そしてそれを親にも許容してほしい。そうすると自分はすごく楽になる気がする。

 

こないだ読んだ田中慎弥の孤独論という本で、面白かった事を載せときます。

人生はつまりは棚からぼた餅だというもので、そのぼた餅をキャッチするために一番いい場所にいようとすることがが努力で、落ちてくるかどうかは運。そのぼた餅は他人から見ると「ないじゃないか。」という幻想かもしれない。でもあまりにも追い詰められたりしていると棚の上にぼた餅があるということにも気付かない。というもの。

本文はもっといい感じに書いてあったと思います。

よく言われる努力論とニュアンスが一緒のところもありますが、これの肝は幻想でもいいということなんですよね。ぼた餅があるということに気付いてさえいれば少し生きやすくなる。それを取りに行くかどうかは自分次第なんでしょうが、まずは餅があるというくらいの余裕が心にあったほうがいい、そういうことだと思います。

非常に優しい本だったので疲れている人にはオススメです。書いてあることは自己啓発本っぽいところはあるけど、そういった本より言葉に面白さがあってよかったです。